Home Page 
  砥部焼きの歴史
  砥部焼き
  砥部焼きの里と砥部町
  砥部焼きの販売店紹介
  砥部焼きイベント情報
  愛媛県の観光情報
  免責事項
  バナー広告
  Webサイト運営
  リンク集

■愛媛県の観光情報
本四架橋で中国地方、関西方面からもぐっと近くなった愛媛県!湯の町の風情や海山川の大自然がお出迎え致します。
湯の町、そして俳人の町、松山、焼き物の町、砥部、小さな城下町、大洲や内子、海沿いの町、今治、宇和島…
四季を通して多彩なイベントやお祭りもあり、観光とあわせて四国、愛媛においで下さい。お帰りの際は愛媛の名物と思い出を満載し…
■松山市 道後温泉
松山と言えば道後温泉
三千年の歴史を誇る日本最古の温泉「道後温泉」で、明治27年に建築された道後温泉本館は、木造三層楼の建物で、平成6年12月には、近代和風建築としてのすばらしさと保存状態のよさから、国の重要文化財に指定されました。

道後温泉本館は、神の湯と霊の湯という二つの浴室と、それぞれの休憩室など、4つの入浴コースと皇族専用の又新殿からできています。

神の湯本館棟の歴史がいちばん古く、完成したのは明治27年。又新殿は明治32年にお目見えしました。

明治時代の温泉施設が、こんなにきれいに残っているのは日本でここだけ。

泉質はアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)

道後温泉には28本の源泉があり、その内17本の源泉が汲み上げ可能な源泉として、入浴されるお客様のために毎日汲み上げています。

これらの源泉は温度も湧出量もすべて異なり、最も温度の低い源泉は20℃程度、最も高温の源泉は55℃程度です。

また、各源泉から地中に埋設した送湯管で、4ヶ所の分湯場に集めたお湯を、道後温泉本館・椿の湯をはじめ、周辺のホテル・旅館へ配湯しています。

28ある源泉は古い順に「一号源泉」、「二号源泉」と呼んでいます。残念ながら一号源泉は、現在汲み上げていませんが、本館神の湯東浴室の、石張りの床に、井戸があった位置を記しております。
●営業時間・料金案内   ※以下、松山市ホームページより参照

区分

大人

小人

高齢者

身体障害者等

営業時間

利用時間

接待等






霊の湯

(たまのゆ)

3階個室

1,500円

750円

6:00~22:00

(札止 20:40)

1時間20分以内

貸浴衣・お茶・坊っちゃん団子・貸タオル(石けん・リンスインシャンプー備付有)

2階席

1,200円

600円

6:00~22:00

(札止 21:00)

1時間以内

貸浴衣・お茶・せんべい・貸タオル(石けん・リンスインシャンプー備付有)

神の湯

(かみのゆ)

2階席

800円

400円

6:00~22:00

(札止 21:00)

1時間以内

貸浴衣・お茶・せんべい

階下

400円

150円

200円

200円

6:00~23:00

(札止 22:30)

1時間以内

なし

又新殿

(ゆうしんでん)

250円

120円

6:00~21:30

(札止 21:00)

案内時間内

なし

椿の湯

360円

150円

180円

180円

6:30~23:00

(札止 22:30)

1時間以内

なし

小人=2歳以上11歳以下(又新殿は6歳以上11歳以下)
高齢者=市内に住民登録のある65歳以上の人
身体障害者等=市内に住民登録のある身体障害者手帳などをお持ちの人
入浴券は、発売日当日限り有効です。
入浴券11枚綴りの回数券もあります。(有効期限3ヵ月)
年中無休(年末大掃除および臨時休館を除く)で営業しております。
「神の湯2階席」20名以上の団体に限り予約を受付けます(繁忙期を除く)。その他のコースや個人の予約は承っておりません。
「霊の湯」入浴のお客様は、又新殿の観覧ができます。
団体割引は、20名以上2割引、100名以上3割引です。(神の湯のみ)
館内で記念タオル(みかん石けん付)を210円で販売しています。また、貸しタオル(みかん石けん付)は60円です。
貸しバスタオルのサービスを200円で開始しましたのでご利用ください。
全館禁煙となっておりますのでご協力をお願いします。
本館の入浴料、観覧料の一部は、本館(重要文化財)の保存修復に役立てられます。
■今治市の春祭りと継獅子
伊勢太神楽の流れをくむ継獅子
今治市のほとんどの地区で行われる春祭りで奉納される「継獅子」は、伊勢太神楽の流れをくむと言われる伝統民俗芸能で、二段・三段…中には四段継獅子も行われています。

開催は五月の連休を中心に、春の訪れを知らせるかのように一斉に行われ、特に神宮野間神社と吹場神社には各地の継獅子が集結し競演されます。

※詳しい開催時期や神社のアクセスは、▼「今治市役所ホームページ・観光情報」で確認してください。
■砥部町 えひめこどもの城
子どもたちが遊びや交流を通じてさまざまな体験活動を行うことにより、創造力や自主性、社会性、豊かな感性などを育むことができるよう、県立の児童厚生施設として平成10年10月に開園しました。

県総合運動公園と県立とべ動物園に隣接し、美しい水辺景観を持つ通谷池をはじめ、果樹園、あるいは山林等があり、約35ヘクタールの環境の豊かな場所となっております。 
場所:砥部町と松山市にまたがっている
松山市西野町乙108-1(事務所)
TEL 089-963-3300
(えひめこどもの城)

駐車場:500台
(普通車300円、30分以内は無料。砥部側と松山側の両方にあり)

9時~17時
水曜日休み(祝日の場合は翌日)
入園料は無料
免責事項 バナー広告 サイト運営 リンク集
Copyright(C) Tobeyaki Kamamoto Daizensyu All Rights Reserved