Home Page > 梅山窯 > 
    Home Page   窯元トップページ   窯元プロフィール   商品1   商品2   商品3
  砥部で最も大きい窯元…

 従業員50名を有する砥部で最も大きい窯元です。
清楚な白磁の暖かい肌に融けこんだ呉須と色絵の実用食器、額皿、花瓶など数多く製作しています。
 売店では、それらの販売もしており、また工場内での製造工程や、以前使用された登り窯も見学できます。

 砥部焼の里は美しい山なみに囲まれ、この地で焼かれた品々は国の伝統工芸品に指定されています。
 梅山窯は砥部を象徴する障子山の麓の静かなたたずまいに明治15年(1882年)、梅野政五郎によって開窯して以来120年あまりの永きに渡り、その伝統を受け継ぎ、今日に及び、砥部の材質を生かして「用と美」の実用工芸品の製作につとめています。

現在、全国的に広く知られている砥部焼きの多くが梅山窯の商品と言っても過言ではなく、「砥部焼き」と言うと梅山の唐草をイメージされる方も少なくありません。
明治15年創業の開窯時に築かれた登窯が保存され、公開されています。この窯は、砥部に残る最も大きな登窯で昭和35年まで使用されていました。
登窯は丘陵の斜面を利用して、下から火を焚き、炎が上に上がってゆく原理を応用したものです。
使われていた当時の大登窯は9連室でしたが、現在では6つの窯が残されています。
窯の中には昔の窯積みの様子が再現されています。
Copyright(C) Tobeyaki Kamamoto Daizensyu All Rights Reserved