Home Page > 陶彩窯 > 
    Home Page   窯元トップページ   窯元プロフィール   商品1   商品2   商品3
 手造りならではの温もりのある作風
 2003年に父「健山窯」を継ぎ、「陶彩窯」に改名し立ち上がった窯元で、長戸哲也(ながと てつや)氏を中心に青白磁、白磁の作品を作っています。
 また、砥部焼きマドンナ展でもお馴染みの、長戸純子さんの絵付けによる作品も女性らしい細やかな線使いが人気です。
 
 ロクロ成形で青白磁、白磁、マット釉を施し、手造りならではのぬくもりのある作風で、細やかな線使いの麦穂四方皿や青白磁に象嵌を施した青白磁とんぼ象嵌飯碗など独特の作品を生み出しています。
 
 フォルムを大切に…と話すように、台輪や縁の切り口、造形は独自の物を持ち、円模様シュガーポット、カップソーサ、象嵌ボールやライン紋楕円鉢など従来の「ぼってりと厚みのある丈夫な砥部焼き」から「軽くて薄く丈夫な新しい砥部焼き」と言うイメージを出しています。
 
 ぼってりと厚みと素朴で温もりのあると言うイメージが強く、そこに多くの砥部焼きファンが存在することは間違いなく、時間は掛かるでしょうが新しい砥部焼きのもう一つのスタイルとしてこれから期待したい商品です。
 
Copyright(C) Tobeyaki Kamamoto Daizensyu All Rights Reserved